リクルートエージェントの評判・求人数は?体験談あり【結論:情報収集・短期戦の方向け】

転職ノウハウ

リクルートエージェントの評判・求人数は?体験談あり【結論:情報収集・短期戦の方向け】

転職エージェントの大手リクルートエージェントは転職を考えている方にとって、最初に聞く転職エージェントです。

 

こんな疑問を解決します。

転職したい人
転職エージェントってどこがいいですか?人材紹介サービス大手のリクルートエージェントの評判や求人数を知りたいです

 

僕自身、過去に2回の転職を行っており、初めての転職先はリクルートエージェントに紹介された企業でした。その経験も踏まえて、リクルートエージェントの評判や求人数、活用方法をご紹介します
Woogen

 

リクルートエージェントdoda転職エージェントマイナビエージェントと並ぶ、転職エージェント大手のひとつです。

 

リクルートエージェントには大きな特徴があります。

 

結論:情報収集や短期戦での転職におすすめ

 

リクルートエージェントを知るポイント

  • リクルートエージェントの規模や求人数
  • リクルートエージェントの評判・体験談・Twitterの声

 

では、解説していきます。

 

転職エージェントと転職サイトの違い

転職活動をする前に転職エージェントと転職サイトの違いを押さえておきましょう。

 

\知っているという方は飛ばしてください/

リクルートエージェントの特徴へ

 

 

転職エージェントは専門のエージェントがつき、希望求人の紹介や応募・面接スケジュール調整の代行に加えて、応募書類の添削・面接対策なども行ってくれます。

 

リクナビNEXTマイナビ転職などが転職サイトにあたります。

 

転職サイトは求人情報の選択から面接応募(書類提出など)から面接スケジュールの調整まで、応募者自身が行うことを前提とした人材紹介サービスです。

 

今回、解説するリクルートエージェントdoda転職エージェントマイナビエージェントが転職エージェントとなります。

 

ポイント

  • 転職サイトは求人検索・応募・面接まで自分で行う
  • 転職エージェントは求人検索・応募・面接まで代行してくれる
  • いずれも転職希望者は無料で受けられる

 

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントには大きく3つの特徴があります。

 

 

求人数がダントツ1位(20万件以上)

リクルートエージェントは転職エージェントの中でもダントツの求人数を誇り、doda転職エージェントやマイナビエージェントの2倍近くあります。

 

大手転職エージェント取り扱い求人数

※求人数当ブログ調べ(最新情報を取得していますが、更新が遅れる場合があります)
※非公開求人を含む求人数です

 

リクルートエージェントでは公開求人数と非公開求人数が50%ずつの割合となっており、「応募求人がなくなる」心配がありません。

 

Woogen
非公開求人とは企業側の事情(競合他社の存在や求人が殺到しやすい等)によって、公開されていない求人のことです

 

転職サイトのリクナビNEXTは約9,000件(2020年6月時点)とその差は歴然です。

 

累計約45万人の転職成功実績(体験談)

リクルートエージェントは累計45万人の転職成功実績(2018年3月期)の実績を有しており、キャリアアドバイザーが直接サポートしてくれます。

 

Woogen
僕も採用面接に進む前にこんなアドバイスをいただきました

 

アドバイス例

  • 過去の面接での質問例
  • NGの逆の質問
  • 求人企業毎の具体的な人材像

 

そのほか、リクルートエージェントが培ったノウハウを活かした、履歴書や職務経歴書の添削も行ってくれます。

 

Woogen
事前に企業毎の事前質問を教えてもらえたので、入念に準備をして、面接に臨むことができました

 

転職活動が初めての方や面接に自信がない方にとって、リクルートエージェントは心強いパートナーといえます。

 

転職成功を支える独自サービス(体験談)

リクルートエージェントはスムーズに転職を成功させるための独自サービスが充実しています。

 

リクルートエージェントの独自サービス

  • Personal Desktop
    ※転職状況の確認・管理ができるマイページ
  • スマートフォンアプリ
    ※空き時間の求人チェック
  • レジュメNavi(レジュメ作成アプリ)
  • 面接向上セミナー

 

中でもレジュメNaviや面接向上セミナーはとても役に立ちます。

 

項目を埋めていくだけで、企業に提出する職務経歴書を作成でき、キャリアアドバイザーからのアドバイスも受けられます。

 

当時は初めての転職だったため、面接向上セミナーを受講しました。

 

れがちな面接の基本(服装や髪形)から面接官に良い印象を受けるためのノウハウを知ることができます。

\登録はこちら(公式サイト)/

リクルートエージェント >

 

リクルートエージェントの評判【体験談】

リクルートエージェントは求人数も多く、登録者数が34万人を超えているため、良い評判・悪い評判ともに存在します。

 

僕の体験談以外にもTwitterに寄せられている体験談もご紹介します。

 

良い評判について

短期戦での転職活動が可能

 

今後のキャリアアップへのアドバイスをくれる

 

転職関連の情報収集が可能

 

Woogen
僕の体験では、当時も今も誰もが知っている大企業をどんどん進めてくれたのはとても良かったです。「自分なんて…」と思っていた節もあったので、転職を成功させたときは自信にもつながりました

 

悪い評判について

連絡がスムーズではないことも...

 

内定辞退後が塩対応になる

 

ハイクラス求人に出会えるとは限らない

 

Woogen
僕の体験談では、もう2社くらい内定をいただきたかったんですが、ひとつの内定先をすごく押されたことでした。彼らもビジネスなわけで致し方ない面はありますが、もう少し考える時間をもらっても良かったかなと思います。

\登録はこちら(公式サイト)/

リクルートエージェント >

 

結論:企業の情報収集と短期戦での転職で使うべき

リクルートエージェントは求人情報の掲載数が転職エージェントの中で群を抜いているため、どういった求人情報があるか、情報収集におすすめです。

 

初の出版で「転職と副業の掛け算」がベストセラーになり、元リクルート出身のmoto(戸塚 俊介)さんも「情報収集のツールとして使うのがおすすめ」とTwitterで発信されています。

 

 

仮に対応が悪い、希望する求人を紹介してくれないキャリアアドバイザーでも、ほかの転職エージェントと併用しておけば、ダメージはありません。

 

Woogen

企業も転職エージェントも「自分自身のために使い倒してやる」という意気込みで臨む方がちょうど良いです

 

リクルートエージェントは良くも悪くも登録から転職活動までの期間がとても短く、内定後も早めに決定するように促します

 

そのため、家庭や仕事の状況で、すぐにでも転職を決めたい方にはおすすめです。

 

リクルートエージェントの評判・求人数:まとめ

少しでも希望する求人に出会うためにも複数の転職エージェントに登録しておくことが大事です

 

僕が転職活動した際は社会人4年目でした。

 

リクルートエージェントは社会人3年を経験していれば、誰もが知っている大企業の求人もどんどん紹介してくれます。

 

一方で、社会人経験が少ない方は情報収集に徹するなど割り切り、第二新卒専門の転職エージェントdoda転職エージェントマイナビエージェントと併用しましょう。

\登録はこちら(公式サイト)/

リクルートエージェント >

-転職ノウハウ

© 2022 Woogen Blog